CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
MOBILE
qrcode
 
バルセロナで日本語の礼拝に参列したい、聖書を読んでみたい、と思う方々への案内用ブログです。プロテスタントとカトリックの合同集会ですが、洗礼を受けているか否かに関わらず、聖書に興味をもたれる方ならどなたでも歓迎します。なお、統一教会やエホバの証人など、いわゆる異端といわれる宗派とは一切関係ありません。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
月報2012年3月号 神のことばに聞く
 バルセロナ日本語で聖書を読む会の月報第85号をお送りします。

聖書を読む会の定期集会は325日午後、主催者宅にてもたれ、ルカによる福音書の15節から25節を学びました。

 ヘロデ王の時代。

それは滅ぼされた先代ハスモン王朝の生き残りと、イスラエルの支配権を握るローマ帝国、ローマ帝国に服従する約束で王座を得たヘロデ王、ユダヤをユダヤとして指導しようと派閥闘争を続ける律法学者たち、そしてサンヘドリン(最高法院)が、それぞれの権力を主張してひしめきあう、ストレスの強い時代だった。 人々に神の言葉を伝えてくれる預言者の存在もマラキを最後に絶えて既に400年。国内は混乱を極めており、祭司たちは神殿での務めの度に、国の平定を祈っていたことが想像される。そしてこの日、アビヤの組が神殿の務めの当番となり、ザカリヤが聖所に入って香をたくことになって、大勢の民衆の祈る中、彼はひとり幕屋の中へと入って行った。


ザカリヤの妻エリザベトはアロン家の娘の一人。アロンはモーセの兄弟で、かつて神様から直接祭司職を任命されている。(出エジプト28:1 


つまり彼女は祭司職の名門一族の出身。夫婦そろって律法を隅々まで守り、怠ることはなかったが、エリザベトは不妊だった。不妊は当時、罪の因果であるとされていたので、これほど正しく生活しているのに何故子供が授からないのか二人には理解できず、周囲の視線が痛い日々を送っていた。


ザカリヤもかつては子が授かるよう祈ったが、年をとった今はそのことも忘れていた。


だから幕屋の中で天使ガブリエルが現れ、ザカリヤに子供が授かり、その子は主の前に偉大な人となることを、常々読んで祈っていたマラキ書にある言葉を用いて告げられたにもかかわらず、ただひたすら子供が授かるという内容に驚愕してしまった。     

 (スペイン・アビラにあるザカリヤ像)

「何によって、わたしはそれを知ることができるのでしょうか。私は老人ですし、妻も年をとっています」


 神からの言葉があったとき、その言葉を確信するためのしるしを求めた人物はこれまでにも非常に多く、ザカリヤの気持ちももっともだが、天使は神の言葉の内容よりも、子供が授かるということに驚き不信を抱いてしまった。


そのザカリヤに対し、天使は、罰も含めて口がきけなくなるというしるしを与えた。


香をたき終えた祭司は幕屋から出た時、そこで祈りながら待っていた人々に祝祷を捧げることになっていたが、長時間手間取ってようやく出てきたザカリヤは、それすらできなくなっていた。


 1週間の勤めが終わって自宅に帰り、妻エリザベトに事の次第を知らせた時、彼女がどのような反応を示したか聖書には書かれていない。しかし、彼女は5ヶ月間自宅に引きこもった。


妊娠中、初期につわりが起こるのが普通だが、この症状がないケースもかなりある。その場合は妊婦自身、自分が本当に妊娠しているという実感がないが、5ヶ月目に入ると胎動を感じ、この事実を確信できるようになる。恐らくエリザベトはその時期まで沈黙を守ったのだろう。胎児の動きに気付いた時の喜びはどれほどだっただろうか。彼女の気持ちは125節に心からの神への感謝の言葉となって表現されている。


【下山牧師のメッセージ】

イスラエルの慰め(2:25)やエルサレムの贖い(2:38)を祈るザカリヤの姿は「正しい」人のあるべき姿でした。しかし取税人の祈りのように「正しさという信仰」は強い自己主張を伴っているようです。そこに聞くという姿勢が抜け落ちているからです。ザカリヤが「声を失った」のは、聞くためでした。「正しい」ユダヤ人としての自己主張のあり方から、「神様のことばに聞く」世界へと招かれたのです。「信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみ言葉によるのです(ロマ10:17)」私たちも聞く信仰を培いたいですね。                           

3月の集会参加者は大人4人でした。


ヘロデ大王 よもやま話:


紀元前73年、パレスチナ南部の生まれで両親はアラブ人。

アンティパトロスは紀元前47年にジュリアス・シーザーの信頼を勝ち得てユダヤの監督者に任命され、彼の死後、ユダヤを統治していた(つもりの)ハスモン王朝の反対を押し切って、ローマ議会は息子ヘロデを王として前39年に認めた。しかし彼が実際権力の座を得たのは2年後の前37年。

ヘロデはハスモン王朝の姫マリアムナと結婚してユダヤとの関係改善につとめたが、最終的には自分の王座をおびやかすハスモン王朝の末裔全員を処刑している。これには妻と、妻との間にもうけた二人のわが子をも含んでおり、後にマタイ福音書216節に記録されてある、新生児男子の全員虐殺を命じたヘロデの人格がうかがわれる。

ヘロデの執政のはじめは2グループのユダヤ党(サドカイ派とパリサイ派)の敵対関係と、ヘロデに敵意を抱くハスモン王朝の生き残りがエジプトの女王クレオパトラと提携して抵抗したので難航した。

ヘロデは最高法院の指導的なレビ族祭司たちを迷わず処刑して最高法院の影響を弱め、以来、法院は宗教的な問題のみを裁くようになっている。

紀元前25から13年までは充実した国政となり、エルサレム、エリコ、カイザリアに劇場や競技場、皇帝アウグストを讃えてスタートした娯楽会場Circoなど、多くの建築物を建立。アラブからの襲撃からユダヤを守るための砦を堅固にし、ユダヤ教の教えに忠実に従ってエルサレムの寺院の大改築も手掛けた。

実際にユダヤ教徒として生活したが、この王が外国人であることとローマになびいている点で国民に憎まれ続け、晩年は王宮内の陰謀にも振り回される苦い時期だった。紀元1年(あるいは4年)3月か4月にエリコで死去。


お知らせ:

次回の聖書を読む会集会: 428日(土)午後430分から 主催者宅にて4月の集会には、ロンドンから若手の伝道師、江尻剛先生にお越しいただいてメッセージをとりついていただきます。集いでおなじみのとっても楽しい剛先生。ぜひ皆さん奮ってご参加ください。特に若い方にはぜひお薦めです!楽しいひとときと夕食交流を持ちましょう。

震災から1年がたちました。先月いただいた『百万人の福音』3月号には、被災地の教会から10件の証が寄せられていました。そのうちの一つは私たちが心からの祈りをささげる気仙沼第一聖書教会でしたが、どの証にも、「東北であまり地元に溶け込めずにいたキリスト教会が、復興活動のために場所を提供したり、積極的なサービス提供の場となったことで、地域に受け入れられるようになった」という内容が書かれていました。これからも被災地の復興は続きます。ぜひ今後も可能な限りの支援活動と、お祈りによるサポートを提供していきたいと願っています。

201282日から5日まで、オランダにてキリスト者の集いが今年も開催されます。毎年欧州各地(日本や北米からも)から参加者が300人前後も集まってワイワイと過ごすこの集い。新たな友人を得たり旧友と再会しながら友に聖書のみ言葉に耳を傾ける恵みは言葉では言い表せない恵みに満ちています。今年の参加申し込みは416日から30日まで。参加して後悔した人はいません。ぜひ前向きにご検討ください。資料をご希望の方は主催者までメールください。


| ルカ福音書研究 | 19:19 | - | - |
月報2012年2月号 『信仰がよろめくことがないように』
主の聖名を賛美します。 バルセロナ日本語で聖書を読む会の月報第84号をお送りします。 

聖書を読む会の定期集会は2月18日午後、主催者宅にてもたれ、ルカの福音書の学びをスタートしました。この学びを始めるにあたり、神戸の西神聖書教会牧師である下山尚孝牧師のご指導をいただく許可をいただきましたので、今回の学びには下山師のメッセージが盛り込まれています。主催者と同じ苗字ですが、親戚筋ではありません(残念ながら)。

  信仰がよろめくことがないように 

(ルカによる福音書1章1節から4節) ルカがこの書簡をテオピロ“閣下”に宛てて書いたのは、紀元58とか60年ごろと言われている。テオピロはこの福音書以外の文書に名前が出てこないので、「クラティストス=閣下」という尊称を持つローマの高級官僚のなかでもあまり目立たない存在だったと思われる。しかしルカは、キリスト教に多少触れたと思われる彼に向い「お受けになった教えが確実なものであることを、よくわかっていただくために」この書を献上すると明記している。「確実なもの」、これは、その教えが頼るに足るものであるということで、原語では「よろめくことがない」という意味。ではイエスの目撃者ではないルカが、なぜこの政治家に、これほど熱心に書物を準備し献上したのか。その謎に思いをめぐらし、私たちは当時の現地の状況を探りました。  
ローマ帝国はシーザーの死後、オクタウィアヌスとティベリウスという、二代の皇帝の行政のもと安定していたが、第3代皇帝カリグラは、最初は国民に尽くす良い皇帝だったものの、2年もしないうちに国庫に積もる大金を見てから発狂してしまい、暴君となって議会と国民全員を恐怖に陥れた。皇帝に反論するものはすぐ処刑される恐怖政治がローマを振り回し、結局彼は観劇の最中、腹心の部下に暗殺された。

 議会はもう皇帝制度をやめようと主張したが、皇帝がいなくなると失職する親衛隊が武力で反抗、後継者としては唯一生き残っていたクラウディウスを皇帝に立てた。この皇帝は前評判「うすのろ」にしては、なかなか賢い良い皇帝ぶりを発揮したが妻に恵まれず、4人目の妻アグリッピナに毒殺されてしまう。アグリッピナはどうしても、クラウディウスの息子ブリタニクスではなく、自分の前夫との子であるネロを皇帝にしたいという野心に燃えていたのだった。 

ネロとアグリッピナを描いた金貨 

かくして皇帝ネロ(当時16歳)が登場するが、暴君で有名な彼は間もなく、政治にとやかく口を出す母親アグリッピナにうんざりして不良息子となってしまう。アグリッピナは息子を利用して政治の実権を握れないとわかると、今度は実の息子を見捨ててブリタニクスを持ち上げようとしたため、ネロが発狂。彼はA.D.55年にブリタニクスを、そして59年には母親も殺し、自分の妻も殺してしまい、側近の政治家たちも追放し、男妾奴隷と正式な結婚をし、ネロを批判した者、気に入らない者を全て殺したので、国はカリグラ皇帝時代よりも更にひどい恐怖状態に陥った。

この兆候が高じてネロがローマの大火をキリスト教徒のせいにして信者を惨殺するのは紀元64年。つまりルカ福音書はちょうどこの恐怖政治が激化していた只中で書かれたことになる。恐らく、この頃のキリスト教は、ローマの皇帝礼拝に傾く政情に深く悩まされていたことが想像される。
   皇帝ネロ 

こうしてみると、ローマの政治家のひとりであり、キリスト教に触れたテオピロに「信仰がよろめくことがないように」この書を記して献上したルカの、伝道者としての真摯な熱意が伝わってくる。たったひとりの魂の救いのために語りかけ、調べ、書物にまとめた熱意あふれるルカの書簡はその後、後世に読み継がれる福音書のひとつとなって私たちにも届いた。ここに私たちは聖霊の働きを感じ、一同でこの書簡の学びに深い興味を持ちました。 
(2月の集会参加者は大人6人でした) 


 皇帝ネロのよもやま話: 前頁で少し紹介したローマの皇帝ネロについて調べたエピソードをご紹介します。 

ネロといえば暴君、暴君といえばネロ。彼の母親アグリッピナは、彼を皇帝につけるためなら手段を選ばず何でもする野心家だった。全ての皇位継承者を政治から遠ざけてから夫のクラウディウス皇帝を毒殺し、自分の子ネロを即位させた。(54年10月13日)

 当時16歳だったネロには家庭教師として哲学者のセネカと親衛隊長のブッルスがついていて、彼らが摂政政治をしたので出だしは非常に好評、皇帝就任演説で元老院の絶賛を受けている。
哲学者セネカ

 しかし、じきに母親アグリッピナが国政に鼻を突っ込むようになり、息子である皇帝ネロを使って政治を振り回すようになる。これをうっとうしく感じたネロは悪友オト(後の皇帝)たちと夜遊び、暴行、恐喝、窃盗を繰り返すようになり、先帝の娘を妻に持ちながら解放奴隷のアクテという娘と恋に落ち、大スキャンダルを巻き起こした。 

するとアグリッピナはネロを見限って亡き夫の息子ブリタニクスこそ皇帝になるべきだったと豪語。ネロのような息子は往々にしてマザコン。彼は母に見限られて激怒。55年にブリタニクスを殺害し、母親をも殺害しようとする。

ところが母は一枚上手で、毎日解毒剤を飲んでいたのでネロの毒殺計画は3回失敗。プランを変えて母が乗る船を沈没させたが、アグリッピナは泳ぎが達者で死ななかった。ついに59年に親衛隊を母に送って刺殺している。 

その頃のネロは、右腕のセネカやブッルスの忠告にも耳を貸さなくなって彼らを追放。悪友オトも地方へ追放して彼の妻を自分の妻とした。しかし彼女が妊娠中、口論からネロが腹部を蹴って胎児もろとも殺してしまう。その後狂気にはしり、男妾を抱えるようになって奴隷の男と正式に挙式し、また大きなスキャンダルを呼ぶ。しかしネロを批判した者は全員即刻暗殺された。ネロがつくったのは恐怖が人々を支配する時代であった。 

64年7月19日未明、古代ローマの遺跡、チルコ・マッシモ競技場の1階売店から出火、売店付近に山積みされていた商品に燃え移り、強風にあおられて周囲の貧民住宅街(木造)に燃え移り、1週間燃え続けたあげくローマ市内のほとんどを焼き尽くした。ネロはこの大火のあと陣頭指揮をとって救援活動を行い、宮殿を解放して多くの仮説小屋を建て、食糧の値上げを制限し大量の小麦を被災者に配布、市内工事も急ピッチで進めたので2年後にはローマは以前にもまして立派になった。
 ローマの大火

 しかし市民はそのネロの功績を賞賛するどころか、「ネロが自分のために建てたかった黄金宮殿建立の土地をめあてに放火したのだろう」という噂が流れた。確かに焼け跡の一部を彼の黄金宮殿に当てがっていたが、これを聞いたネロは激怒、当時新興宗教として勢力をのばしていたキリスト教徒を放火犯人であるとし、信者を次々と捕えて非常に無残な方法で処刑した。こうして彼は、はからずも世界史上初のキリスト教徒迫害を記録してしまった。   


 お知らせ: 
 ✚ 次回の聖書を読む会集会は、3月25日(日)午後4時30分から 主催者宅にて持たれます。次回の集会では、引き続きルカによる福音書を学び、その後カレーで交流します。ぜひご一緒にひとときを過ごせれば幸いです。

 ✚ 今回の聖書の学びからご指導をいただくことになった下山牧師は、主催者と苗字が同じですが偶然の一致です(ちなみに奥様は名前まで同じです)。インターネットで下山牧師のサイトを見つけて以来、何度もデボーション時に愛読させていただきましたが、ルカによる福音書と使徒行伝のメッセージが全て掲載されているため今回のご指導をお願いし、受け入れていただけたものです。今月号には紙面スペースの関係で下山師のメッセージ要約を載せることができませんでしたが、集会ではほぼ全文を皆で読ませていただきました。この場をお借りして、先生に心から御礼申し上げます。なお、下山牧師のサイトは次のURLになります。http://kobetouka.com/

 ✚ 欧州にも何人かの宣教師を派遣してくださっているアンテオケ宣教会のメンバー、H.M.姉が観光でバルセロナに来られ、集会にミニ聖書3冊と『百万人の福音3月号』、『Revival Japan 2月19日号』、その他お菓子の差し入れをいただきました。どれも集会で大いに活用させていただきます。本当に有難うございました!日ごろのお祈りにも心から感謝しています。どうぞ今後とも引き続き宜しくお願いいたします。 なお、今回いただいた『百万人の福音 3月号』には、東日本大震災から1年経って、被災者である方々や教会の経験談が多く掲載されています。とても素晴らしい証です。回覧しますのでぜひご一読ください。

 ✚ 4月の集会はロンドンから江口剛伝道師をお招きして、4月28日(土)に持たれる予定です。江口師は特に若い人たちに人気の楽しい先生ですので、皆さんぜひご友人とお誘い合わせでいらしてください。
| ルカ福音書研究 | 18:36 | - | - |
SPONSORED LINKS