CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
MOBILE
qrcode
 
バルセロナで日本語の礼拝に参列したい、聖書を読んでみたい、と思う方々への案内用ブログです。プロテスタントとカトリックの合同集会ですが、洗礼を受けているか否かに関わらず、聖書に興味をもたれる方ならどなたでも歓迎します。なお、統一教会やエホバの証人など、いわゆる異端といわれる宗派とは一切関係ありません。
<< 鉛筆 | main | スペインの夏の旅(モニュメント編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スペインの夏の旅(大自然編)

Toro (Osborneの看板)

「はあ〜、寒かった!」
これがバルセロナに戻ってからの第一声。そうなのです。熱いイメージのスペインですが、北部や内陸の夏は結構涼しい(というより寒い)日が多い。ですからビーチやプールに人はまばら。あるいは閉館しているのが普通といった感じです。

それでも1日だけ快晴で暑かった日、私たちはガリシアの海岸に行きました。

Pr. Catedorais (Galicia)
Pr. San Miguel (Galicia)

澄み切った水がエメラルドグリーンに輝く海を見たら、どうしても入らずにはいられませんでした。スペインというと地中海というイメージですが、実は地中海は内海のため、潮の満ち干きがない!そこへくると大西洋はバッチリ数十メートル波打ち際が移動します。地中海しか知らない私の娘は新鮮な驚きを隠せずにいました。

宿をとったのはガリシア州まであと 3Km というところにある、アストゥリアス州の片田舎、タラムンディ。アストゥリアス出身の友人にイチオシされただけあって、静かで小さな愛らしい村でした。
Hotel la Rectoralより

毎朝この景色を眺めながら、テラスで朝食なんて素敵!でも寒い!それでも元気に散歩に出れば、そこはアストゥリアスの大自然とのふれあいがいっぱいです。村のすぐ近くには、麦の脱穀の歴史を説明する水車小屋が昔のままで健在でした。

Mazonovo (Taramundi)

この水車小屋からハイキング。アストゥリアスは森林と緑あふれる平原で有名なので、野鳥と牛馬と小川に伴われたハイキングは抜群です。今回も野生の鹿にでくわしました。

Oscos
 Oscos
Dolmen de Merilles

タラムンディの村から北上すると、エオという名のリアに出ます。リアとはスペイン語の RIO(川の意味)の女性形で、入り江のこと。ガリシア地方はこの入り江が多いのでリアス式海岸と呼ばれているのは皆さんもご存知の通りです。

そしてこのリア・エオの河口付近にはカストロポルという美しい村があります。

Castropol (Asturias)

この村は16世紀に一度焼け落ちてしまったそうで、再建された時から白い壁の家々が並ぶ町並みになりました。アストゥリアスの典型的な家は、本当は白壁ではなく、灰色の薄い石の板を積み重ねた壁なのです。

Hotel La Rectoral

今回訪れたタラムンディ村は、ガリシアの世界遺産がある街 Lugo から約60キロメートル北東にあります。自然の中でゆっくりと神様と語り合える休暇を求める人にはお勧めです。

次回はモニュメント編をご紹介します。
今日、このブログを訪れてくださったあなたの夏を主が祝福してくださいますように。


| 近況報告 | 06:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:01 | - | - |
はじめまして。タラムンディにおでかけになったのですね。私は、2005年の秋にタラムンディ村に出会ってから、足しげく通っています。日本からです。この夏は寒いとナイフ鍛冶の友人の便りにありましたけれど、そんな空気の漂うなつかしい村の写真をみて、つい嬉しくてお便りしました。鍛冶文化がしっかりと残っているこの村は、金属を仕事にしている私にはおとぎの国の宝箱のような存在です。
| keikito | 2008/08/25 6:34 PM |
Keikito様。コメントに今頃気づきました。ごめんなさい。

タラムンディに足しげく日本から訪れる方がいらっしゃるとは驚きました。空港から車で?でもあの村に行った者として、そのお気持ちよ〜く解ります。しかもナイフ鍛冶のご友人までお持ちでお便りもあるとは!なんとも積極的な方なんですね。私は6泊もしながら、お友達までは作りませんでしたが、ナイフはごっそり買って帰り(テーブルナイフ)超ミニ折りたたみナイフ(わかりますよね?)も衝動買いしました。

Keikitoさんも金属を仕事にしていらっしゃるんですね。毎日が幸せの連続でありますようお祈りしています。
| 下山 | 2008/08/31 6:42 AM |









SPONSORED LINKS