CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
MOBILE
qrcode
 
バルセロナで日本語の礼拝に参列したい、聖書を読んでみたい、と思う方々への案内用ブログです。プロテスタントとカトリックの合同集会ですが、洗礼を受けているか否かに関わらず、聖書に興味をもたれる方ならどなたでも歓迎します。なお、統一教会やエホバの証人など、いわゆる異端といわれる宗派とは一切関係ありません。
<< 決断のとき | main | 経営者セミナー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
愛の力 (ジョーク)
 よくある話だが、恋愛結婚をしたはずの夫婦が次第に愛情に冷め、相手への不満をつのらせながら年月を重ねた。14年経って、いい加減けんか腰の毎日にも疲れた頃、すぐに別れる前にカウンセリングに通うことにした。

この夫婦を担当したカウンセラーは、まず夫に聞いた。
「何が問題なのですか」

夫は肩をすぼめ、口をへの字に曲げたまま何も言わなかった。



そこでカウンセラーは今度、妻に同じ質問をした。
妻はマシンガンのごとく問題点を挙げ続けた。

「夫は全く家に居つかず、私に家事を押し付けて遊んでいる」
「子供達の教育に関して全く責任を持たない」
「毎日つくる食事にも感謝の言葉ひとつない」
「毎晩のいびきがうるさくて安眠妨害、疲れが取れず精神が休まらない」
「社交性に欠けている」
「掃除したこともないのに家が汚いと文句を言う」
「私の両親に冷たい」
「トイレの使い方が汚い」
「会話といったら文句ばかり」
etc. etc. etc.

まだまだ話し続ける妻を見ながらカウンセラーは立ち上がり、ゆっくりと妻に歩み寄った。そしてお構いなく続ける妻の両腕を取り、彼女を立ち上がらせたかと思うと、驚いたことに彼は

=彼女にとても情熱的なキスをした=

妻は目を丸くしてカウンセラーを見、絶句していた。
カウンセラーは夫を見るとこう言った。

「今の彼女に必要なのはこれですよ。少なくとも週に2回はね。」

すると夫が答えて言った。
「分かりました。では火曜と木曜に連れてきます」


分かります?カウンセラーは夫に、初心に戻って彼女を心から愛するようにとアドバイスしたのに、夫は、週2回カウンセラーにキスしてもらえば妻は自分に優しくなると勘違いしたのです。本質を間違えているのです。スペイン人たちはここで大笑いしていました。

愛には真実に人を根本から変えてしまう力がある。親の愛が、夫の愛が、妻の愛が、子供の愛が、友の愛が、先生の愛が、人を変えた例は数限りない。そして神の愛に変えられた例は、聖書の中にも現実の世界にも明らかに語られている。あなたは他でもない、神に深く愛されている。



知識は人を高ぶらせるが、愛は造り上げる。
信仰と、希望と愛、この三つは、いつまでも残る。
その中で最も大いなるものは、愛である。
コリント人への手紙8章1節、13章13節)

Robert Velert 師の礼拝メッセージより抜粋

今日このブログを訪れたあなたが、神の深い愛を感じることができますように。


| ジョーク | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 06:18 | - | - |









SPONSORED LINKS