CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
MOBILE
qrcode
 
バルセロナで日本語の礼拝に参列したい、聖書を読んでみたい、と思う方々への案内用ブログです。プロテスタントとカトリックの合同集会ですが、洗礼を受けているか否かに関わらず、聖書に興味をもたれる方ならどなたでも歓迎します。なお、統一教会やエホバの証人など、いわゆる異端といわれる宗派とは一切関係ありません。
<< 慎重な人 | main | 命のホットミルク >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
奇跡
 嘘のような、本当にあった話です。

カレンという女性が妊娠した。彼女はほかの全ての母親達と同様に、赤ちゃんのために、そして長男のマイケル(3歳)のために、できるだけ良い環境をつくろうと努力を始めた。



妊娠が進むと、胎児は女の子であることがわかった。マイケルも喜んでお母さんのお腹の横で赤ちゃんのために歌を歌ってあげるようになった。もう兄としての自覚と妹への愛情が生まれているのを見て、両親は心から喜んだ。

妊娠は順調に進み、やがて月が満ちて陣痛が始まった。陣痛は次第に間隔が短くなり、5分ごとから3分ごと、そして毎分起こるようになった。



ところがここに到って胎児が出て来れず、カレンの出産は思いがけず難産になってしまった。医師たちは帝王切開の準備を考えたが、数時間後に赤ちゃんはようやく生まれた。

しかし赤ちゃんの状態は悪く、至急に救急車でSaint Mary病院のITUに運び込まれた。そこで日夜を徹して看病されましたが、赤ちゃんの状態はよくなる様子がない。

医師は両親を呼び、「希望はあまりありません。最悪の状態を考慮しておいてください。」と告げた。



カレンと夫は悲しみにくれたが、万一に備え、葬儀の準備を始めた。ほんの数日前までは、生まれた赤ちゃんのための部屋を準備していたのに、こんなことになるなんて・・・。彼らの目は涙が枯れることがなかった。

そんな日々、マイケルは毎日のように赤ちゃんに会いたいと両親にお願いしていた。「赤ちゃんにいつもの歌を歌ってあげたいんだよ」と。しかしITUに子供が入ることは許可されていない。両親はかわいそうに思ったが、「もうちょっと待ってね」とマイケルを慰め続けた。

ITUに入って2週間目になり、医師は「今週末までは持たないでしょう」と連絡した。



マイケルは待ちきれない様子でその日も「病院に連れて行って。歌を歌ってあげたいんだ」と母にねだった。そしてカレンは決心した。

とにかく今日マイケルを連れて行こう。マイケルはまだ1度も妹の顔を見ていないし、今日お願いして特別に許可が出ても、明日にはもう命がないかもしれないのだから。

カレンはマイケルが少しでも大きな子に見えるよう、ちょっと大人っぽい服を着せて病院へ連れて行った。やはり看護婦は「子供はここに入れません」と禁止し、カレンがマイケルを外に連れ出すよう注意し続けた。しかしカレンも頑張った。

「この子は妹を一目見るまで出て行きません!」

カレンは強引にマイケルを保育器の横まで連れて行った。マイケルはそこではじめて、命のために戦っている小さな赤ちゃんを見た。そしてしばらくすると、いつもの歌を歌い始めた。

♪ 君は僕の太陽、僕のただひとつの太陽だよ
♪ 空が雲で覆われていても、君は僕を幸せにしてくれるよ・・・



赤ちゃんは、心なしか安らかな表情になったような気がした。

しかし、それは気のせいではなかった。本当に脈拍が落ち着いてきたのだ。
驚いたカレンはマイケルをせかした。「続けて歌って!」

♪ 君は、僕が君をどれだけ愛しているかしらない・・・
♪ お願い、僕の太陽を今持って行かないで・・・

マイケルが歌っている間、困難だった呼吸も次第に整ってきたではないか。
カレンはあわてた。「マイケル続けて!お願い!」 興奮して息子をせかした。

♪ この間ね、君を僕の腕に抱いている夢を見たよ・・・

赤ちゃんはこわばらせていた体の力を抜いた。

「マイケル、もうちょっと歌い続けて!」母はマイケルの肩を抱いた。
看護婦達もあまりのことに泣き始めた。

♪ 君は僕の太陽、僕のたったひとつの太陽だよ
♪ 空が雲で覆われていても、君は僕を幸せにしてくれる
♪ お願い、僕の太陽を今持って行かないで・・・

このことがあった翌日、マイケルの妹は完全に回復し、数日後には退院した。



Womans Day Magazine 誌はこの出来事を『兄の歌が起こした奇跡』と題した記事で報道し、医師たちはこの事実を“奇跡”と呼んだ。

カレンは“神の愛による奇跡”と呼んだ。
愛には途方もなく大きな力があることを立証した出来事だった。

私たちはこうした愛を受けたいと願うかもしれない。
しかし、私たちもこのような奇跡を起こす立場に立てるのである。
与える愛さえ持ち合わせれば。

今日このブログを訪れてくださったあなたに、愛の奇跡が起こりますように。
| | 05:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:51 | - | - |
こんにちわ。ブログをよみました。神様を通して書かれた、これらのメッセージに、ただ、感謝です。GIve thanks to the Lord, for his love endures forever !!
| NORIKO SUZUKI | 2013/01/13 1:53 PM |









SPONSORED LINKS