CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
MOBILE
qrcode
 
バルセロナで日本語の礼拝に参列したい、聖書を読んでみたい、と思う方々への案内用ブログです。プロテスタントとカトリックの合同集会ですが、洗礼を受けているか否かに関わらず、聖書に興味をもたれる方ならどなたでも歓迎します。なお、統一教会やエホバの証人など、いわゆる異端といわれる宗派とは一切関係ありません。
<< エステルの涙 | main | カンザス議会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
双子の兄弟
10日ほど前に、3月下旬から翻訳し始めていたメッセージがようやく仕上がってアップロードしましたが、その記事は3月28日の記事としてアップされてしまい、トップページには現れませんでした。ですから、まるで1ヵ月半ぶりにアップする記事になってしまいます。遅くなって本当にすみませんでした。

今、カンサス議会で起こったことを訳しています。これはそれほど時間をかけずに仕上げられると思います。


ある所に双子の兄弟が生まれた。二人は当然のことながらとてもよく似ていたが、諸事情があって幼いころ、別々の家に引き取られて行った。

 

二人とも自分の兄弟のことは覚えていたが、お互い顔をみることもなく長い年月が経った。

そんなある日、弟が強盗殺人罪を犯して逃亡した。警察は彼を探し始めた。ずっと追い続けたが、弟も必死で逃げまくり、なかなか捕まらない。

そして警察がようやく捕まえた男は、何と逃亡者の兄だった。今のようにニュースが発達した時代ではなかったから、兄は弟のしたことなど何も知らなかった。当然のことながら、罪状を拒否し続けた。

「自分は無実だ。そんなことはしていない。」

 

しかし、警察の話を聞くにつれ、犯人が自分の双子の弟なのだと気がついた。彼はそこで自分には双子の弟があることを言って罪を逃れることができたかもしれない。しかし、そんな言葉も警察には浅はかな逃げ口上だと思われる可能性も高い。兄は独房で悩んだ末、弟をかばう決意をした。そして弟に代わって裁判に出頭した。

 

それから日がたったころ、その後も逃げ隠れる毎日を送っていた弟が、疲れ果ててとうとう自主を覚悟し、警察に出頭してきた。警察は彼の名前から裁判記録を探し出してこう言った。

「この件は既に容疑者も捕まって裁判も終了し、犯人は死刑に処されてある。ケースは終了している。」



弟は非常に驚いた。「その書類を見せてください!」警察官は断ったが、彼はその書類をむんずと掴んで犯人の顔写真を見た。そこにはまぎれもなく、幼いころ別れた双子の兄が佇んでこちらを見つめていた。

「そんな・・・!真犯人は私だ!私を処罰してください!この人は犯人ではない!」しかし、警察官は「彼は死刑に処されている。だから本件は終了しているんだ。もうお前は関係ない。帰りなさい」と繰り返すばかりで、頑として彼の言葉を受け付けなかった。

弟は愕然とした。彼が犯した重罪は、兄の犠牲の死によって全く帳消しにされていたのだ。

 

これと同じことが私たちにも起こった。

「あなたなんか知らない。話も聞きたくないし近寄りたくもない!」と言い放たれた者がどれほど傷つくか、私たちは理解しているだろうか。この言葉を投げかけられたために挫折し、立ち上がれず、自殺に追い込まれた人は数知れない。つまり、こうした言葉を投げかけたり、態度に出すことは殺人に匹敵するほどの重罪なのだ。



しかし私たちは、神様に対してこうした言葉を投げかけてしまった。

にもかかわらず、主イエスは私たちの知らないときに、私たちの代わりに裁判に出頭し、私たちに代わって死刑を受けてくださった。そして私たちの罪は今、まったく帳消しにされているのです。

3本の十字架



ハンブルグ日本語キリスト教会・井野葉由美師のメッセージより抜粋


今日このブログを訪れてくださったあなたに神様の豊かな祝福がありますように。

P.S. 現在バルセロナ日本語で聖書を読む会のホームページがアップロードできない状態になっています。なるべく早めに修理しますが、直るまでもうしばらかくお待ちください。次回の集会は6月28日(日)、主催者宅にて行います。

 

| メッセージ | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:02 | - | - |









SPONSORED LINKS