CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
MOBILE
qrcode
 
バルセロナで日本語の礼拝に参列したい、聖書を読んでみたい、と思う方々への案内用ブログです。プロテスタントとカトリックの合同集会ですが、洗礼を受けているか否かに関わらず、聖書に興味をもたれる方ならどなたでも歓迎します。なお、統一教会やエホバの証人など、いわゆる異端といわれる宗派とは一切関係ありません。
<< 双子の兄弟 | main | Greenfield Village >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カンザス議会

1996年1月23日、アメリカ合衆国カンザス議会がこの年の議会を始めようしていた。

基本的にキリスト教を基礎に置く米国議会では、年度初めの議会に牧師をひとり招いて祈りをささげる。この年、祈祷のために招かれた牧師は Joe Wright 師だった。ところが、「例年通りの開会の祈り」を期待して頭を垂れた議員たちの聞いた祈りは驚くべきものだった。


主よ、今日わたしたちはあなたの赦しと導きを請うため、御前に集いました。
私たちはあなたが、「災いだ、悪を善と言う者は」と言われたのを聞いています。
しかし、私たちはまさにその通りのことをしました。

私たちは精神のバランスを崩し、私たちの価値を変えてしまいました。
今ここに告白します。


私たちは真実であるあなたの言葉を嘲笑し、それを多元論と呼びました。
私たちはあなた以外の神々を拝み、それを多文化と呼びました。
私たちは背徳行為を保護し、これを自由なライフスタイルと呼びました。


私たちは貧しい人々から搾取し、これを自由分配と呼びました。
私たちは貧困者を顧みず、これを自己防衛と呼びました。
私たちは怠惰という言葉を言い換え、これを福利と呼びました。


私たちはまだ生まれてこない子供を殺し、これを選択と呼びました。
私たちは中絶主義者を打倒し、これを正当行為と呼びました。
私たちは子供のしつけを怠り、これを自尊心の促進と呼びました。


私たちはエネルギーを浪費し、これを政治的常識と呼びました。
私たちは空気を冒とくとポルノで汚し、これを表現の自由と呼びました。
私たちは祖先の時代に尊重された価値を嘲笑し、これを啓蒙と呼びました。


神よ、私たちを捜し、私たちの今日の心を見極めてください。
私たちをすべての罪から洗い清め、私たちを自由にしてください。
ここにいるすべての人々をを導き、祝福し、
彼らが、あなたの御旨に沿って的確に市民を指導できるうにしてください。

この願いをあなたの子、生ける救い主、イエス・キリストの名によって祈ります。

アーメン


この祈りは当然、論議をかもしました。
あなたは、この祈りをどのように受け止めますか。

今日、このブログを訪れてくださったあなたに、神様の導きがありますように。



| メッセージ | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:05 | - | - |









SPONSORED LINKS