CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
MOBILE
qrcode
 
バルセロナで日本語の礼拝に参列したい、聖書を読んでみたい、と思う方々への案内用ブログです。プロテスタントとカトリックの合同集会ですが、洗礼を受けているか否かに関わらず、聖書に興味をもたれる方ならどなたでも歓迎します。なお、統一教会やエホバの証人など、いわゆる異端といわれる宗派とは一切関係ありません。
<< 私たちいったいどこへ行くの? | main | 月報2012年2月号 『信仰がよろめくことがないように』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
野心の実
 



ユダ王国が誇るヨシヤ王が、エジプト軍の放った矢に貫かれて戦死した。ヨシヤ王はアッシリアに頭の上がらない立場にはあったものの、一応ユダ王国を独立国として保つことに成功していたのだが、エジプトに負けてからユダはエジプトの支配下に入れられてしまった。

 

エジプトの王ファラオ・ネコは、ヨシア王の長男ヨアハズを、ユダの王として即位させた。自国の王になったとはいえ、ヨヤハズの使命はエジプト王国の属国民としてユダの民をまとめることである。しかし、ヨアハズは自国の再起を願い、すぐにエジプトに対して反乱を起こしてしまった。結果、彼はエジプト軍に捕らえられ、エジプトへと送還されてしまう。

 

ふたたび王を失ったユダに、ファラオ・ネコはヨアハズの兄弟エルヤキムを選び、その名をヨヤキムと改めさせて即位させた。しかし、ヨヤキムもまた野心に燃えた男だった。彼も兄と同じようにユダ独立を図って着々と準備を始めた。

 バビロニアに降伏するネコ2世


その頃、エジプト軍はカルケミシュでバビロニア軍と戦って敗れ、再びユダを通って南へ、シナイ半島へとバビロニア軍によって後退させられてきた。そしてこの時から、ユダ王国はバビロニアの支配下となった。支配国が変わっても、ヨヤキムはそのままユダの王位にとどまった。

 

ヨヤキムの独立計画はそのまま続けられた。今度の目標は打倒バビロニア。そしてこのターゲットはエジプトも同じであったので、ヨヤキムは密かにエジプトの援護を要請して、一緒に戦ってバビロニアから自由になろうと願い、ラマト・ラヘル(恐らく聖書のベト・ハケレム)に壮大な宮殿を建てた。

 

ただし、独裁的なヨヤキム王はこの宮殿建築に、人民を無償でこき使ってしまった。王は民の反感を買い、エレミヤはこの王の行為を非難してこう言った。

 

       災いだ。恵みの業を行わず自分の宮殿を

       正義を行わずに高殿を建て

       同胞をただで働かせ

       賃金を払わない者は。

       彼は言う。

       「自分のために広い宮殿を建て

       大きな高殿を造ろう」と。

       彼は窓を大きく開け

       レバノン杉で覆い、朱色に塗りあげる。

       あなたは、レバノン杉を多く得れば

       立派な王だと思うのか。

       あなたの父は、質素な生活をし

       正義と恵みの業を行ったではないか。

       そのころ、彼には幸いがあった。

       彼は貧しい人、乏しい人の訴えを裁き、

       そのころ、人々は幸いであった。 

       (エレミヤ書2213-16節)

 




しかしヨヤキムはエレミヤの進言に耳をかさなかった。こうして3年が経ち、ヨヤキムが準備が整ったと感じたころ、バビロニア王ネブカドネツァルがヨヤキムの計画を察知した。

 

当然、このような反逆行為は即刻抑えられるべきである。ネブカドネツァルは、まずユダの近隣諸国を扇動してユダを東から攻め、バビロニア軍をエルサレムへと進軍させた。紀元前598年、エルサレムはバビロニア軍に包囲され、攻撃を受けた。この時、ヨヤキムは自国民で形成した軍をもって反撃を命じたが、これまでの積もり積もった王への憎しみは、ヨヤキム王への攻撃となってしまった。ヨヤキムはこの時、エルサレムの城内で死亡している。

 

     ユダの王、ヨシヤの子ヨヤキムについて主はこう言われる。

     だれひとり、「ああ、わたしの兄弟、

     ああ、わたしの姉妹」と言って彼の死を悼み 

     「ああ、主よ、ああ陛下よ」と言って、悼む者はいない。

     彼はろばを埋めるように埋められる。

     引きずりだされて投げ捨てられる。

     エルサレムの門の外へ。

     (エレミヤ書2218-19節)

 

ヨヤキムが死ぬと、彼の息子ヨヤキン(18歳)が慌ただしくユダの王に即位した。彼の最初の仕事はバビロニアへの降伏宣言だった。そしてヨヤキン王の家族を含む、王国の上層階級の人々、勇士1万人、職人や鍛冶など有用な人物らはすべてバビロニアの地へと連れられて行き(紀元前597年。第1次捕囚)、ただ貧しい民、弱い民だけがエルサレムに残された。(列王記下24:14

 

ヨヤキムの野心の結果であった。

| ダニエル書研究 | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:14 | - | - |









SPONSORED LINKS